201

201試験: 出題範囲の詳細
version. 0.9/ 03OCT2005

LPIレベル2認定には、この試験が必須である。これは、Linuxのすべてのディストリビューションにわたって共通する、上級のシステム管理技能をカバーしている。

それぞれの目標(Objective)には、重み付けがなされている。重みの範囲は概ね1~10であり、それぞれの目標の相対的な重要性を示している。重い目標ほど、試験において多くの問題が出題される。

主題 201: Linuxカーネル
2.201.1 カーネルの構成要素
修正日: 2001年8月24日
保守担当: Dimitrios Bogiatzoules
重要度: 1

説明
特定のハードウェア、ハードウェアドライバ、システムリソース、ならびにさまざまな要求に必要となるカーネルの構成要素を利用する。異なる種類のカーネルイメージを実装すること、安定版ならびに開発版のカーネルをとパッチ区別すること、カーネルモジュールを利用することを含む。
重要なファイル、用語、ユーティリティ
zImage
bzImage

2.201.2 カーネルのコンパイル
修正日: 2001年8月24日
保守担当: Dimitrios Bogiatzoules
重要度: 1

説明
カーネルを適切にコンパイルして、Linuxカーネルの特定の機能を必要に応じて取り込む、あるいは無効化する。必要に応じてLinuxカーネルをコンパイルないし再コンパイルする、更新や興味深い変更を組み込んで新しいカーネルを作成する、initrdによるシステムイメージを作成する、新しい(複数の)カーネルをインストールするなどを含む。
重要なファイル、用語、ユーティリティ
/usr/src/linux/
/etc/lilo.conf
makeのオプション(config, xconfig, menuconfig, oldconfig, mrproper zImage, bzImage, modules, modules_install)
mkinitrd (RedHatとDebianの両方をベースとする)
make

2.201.3 カーネルにパッチを当てる
修正日: 2001年8月24日
保守担当: Dimitrios Bogiatzoules
重要度: 2

説明
カーネルに適切なパッチを当てて、更新やバグ修正、新しいハードウェアのサポートを組み込む。既存の製品番カーネルから適切なカーネルパッチを削除することを含む。
重要なファイル、用語、ユーティリティ
Makefile
patch
gzip
bzip

2.201.4 カーネルのカスタマイズ
修正日: 2001年8月24日
保守担当: Dimitrios Bogiatzoules
重要度: 1

説明
システムの特別な要求に応じて、パッチを当ててコンパイルする、設定ファイルを編集することで、カーネルをカスタマイズする。要求に応じて、カーネルのコンパイルとカーネルのパッチ、カーネルモジュールの設定とビルドを区別する。
重要なファイル、用語、ユーティリティ
/usr/src/linux
/proc/sys/kernel/
/etc/conf.modules, /etc/modules.conf
patch
make
modprobe
insmod, lsmod
kerneld
kmod
主題 202: システムの起動
2.202.1 システムの起動とブート手順をカスタマイズする
修正日: 2001年8月24日
保守担当: Dimitrios Bogiatzoules
重要度: 2

説明
システムの標準的なランレベルをカスタマイズして、ブート過程をカスタマイズするために、適切な起動スクリプトを編集する。ランレベルを変更し、必要があればカスタマイズしたinitrdイメージを作成する。
重要なファイル、用語、ユーティリティ
/etc/init.d/
/etc/inittab
/etc/rc.d/
mkinitrd (RedHatとDebian両方のスクリプト)

2.202.3 システムを回復する
修正日: 2001年8月24日
保守担当: Dimitrios Bogiatzoules
重要度: 3

説明
ブート過程にある、あるいは回復(リカバリ)モードにあるLinuxシステムを適切に操作する。initユーティリティと、カーネルの'init='オプションを含む。
重要なファイル、用語、ユーティリティ
inittab
LILO
init
mount
fsck
主題 203: ファイルシステム
2.203.1 Linuxファイルシステムを操作する
修正日: 2001年8月24日
保守担当: Dimitrios Bogiatzoules
重要度: 3

説明
標準的なLinuxファイルシステムを適切に設定して操作する。各種のファイルシステムを設定してマウントすることを含む。また、デバイスの追加やディスク容量の要求に基づいて、ファイルシステムを操作することを含む。
重要なファイル、用語、ユーティリティ
/etc/fstab
/etc/mtab
/proc/mounts
mount と umount
sync
swapon
swapoff

2.203.2 Linuxファイルシステムを保守する
修正日: 2001年8月24日
保守担当: Dimitrios Bogiatzoules
重要度: 4

説明
Linuxファイルシステムを、システムユーティリティを使用して適切に保守する。標準的なext2ファイルシステムの操作を含む。
重要なファイル、用語、ユーティリティ
fsck (fsck.ext2)
badblocks
mke2fs
dumpe2fs
debuge2fs
tune2fs

2.203.3 ファイルシステムの作成とオプションの設定
修正日: 2001年8月24日
保守担当: Dimitrios Bogiatzoules
重要度: 3

説明
オートマウントファイルシステムを設定する。ネットワークファイルシステムとデバイスによるファイルシステムに対するオートマウントを設定する。また、CD-ROMのような、ext2ではないファイルシステムを作成することを含む。
重要なファイル、用語、ユーティリティ
/etc/auto.master
/etc/auto.[dir]
mkisofs
dd
mke2fs
主題 204: ハードウェア
2.204.1 RAIDを構成する
修正日: 2001年8月24日
保守担当: Dimitrios Bogiatzoules
重要度: 2

説明
ソフトウェアRAIを設定して装備する。mkraidツールを使って、RAID 0、1、5を設定する。
重要なファイル、用語、ユーティリティ
/etc/raidtab
mkraid

2.204.2 新しいハードウェアを追加する
修正日: 2001年8月24日
保守担当: Dimitrios Bogiatzoules
重要度: 3

用語
新しいハードディスク、ダムターミナル、シリアル接続されるUPS、マルチポートシリアルカード、LCDパネルといった、システムに内蔵もしくは外付けのデバイスを設定する。
重要なファイル、用語、ユーティリティ
/proc/bus/usb
XFree86
modprobe
lsmod
lsdev
lspci
setserial
usbview

2.204.3 ソフトウェアとカーネルを構成する
修正日: 2001年8月24日
保守担当: Dimitrios Bogiatzoules
重要度: 2

説明
UDMA66デバイスやIDE CDドライブといった各種のハードウェアをサポートするためにカーネルオプションを設定する。LVM (Logical Vlume Manager)使用してハードディスクドライブとパーティションを管理することと、ハードディスクの設定を扱うソフトウェアツールを利用することを含む。
重要なファイル、用語、ユーティリティ
/proc/interrupts
hdparm
tune2fs
sysctl

2.204.4 PCMCIAデバイスを構成する
修正日: 2001年8月24日
保守担当: Dimitrios Bogiatzoules
重要度: 1

説明
PCMCIAのサポートを組み込んでLinuxのインストールを構成する。PCMCIAデバイスを構成して、例えばイーサネットアダプタを挿入したときに自動検出する。
重要なファイル、用語、ユーティリティ
/etc/pcmcia/
*.opts
cardctl
cardmgr
主題 209: ファイルとサービスの共有
2.209.1 Sambaサーバーを構成する
修正日: 2001年8月24日
保守担当: Dimitrios Bogiatzoules
重要度: 5

説明
Sambaサーバーをさまざまなクライアントのために設定する。Sambaクライアント用のログインスクリプト、nmbdを使ったWINSサーバーの設定を行う。また、サーバーが参加するワークグループを変更すること、smb.confに共有ディレクトリと共有プリンタを定義すること、LinuxクライアントにSMB共有をマウントするためにsmbmountコマンドを使用することを含む。
重要なファイル、用語、ユーティリティ
smbd, nmbd
smbstatus, smbtestparm, smbpasswd, nmblookup
smb.conf, lmhosts

2.209.2 NFSサーバーを構成する
修正日: 2001年8月24日
保守担当: Dimitrios Bogiatzoules
重要度: 3

説明
exportsファイルを作成して指定のファイルシステムをエクスポートする。exportsファイルのエントリを編集して、所定のホストないしサブネット、ネットグループにアクセスを制限する。exportsファイルのマウントオプションを指定する、ユーザーIDの対応付けを構成する、クライアントにNFSファイルシステムをマウントする。また、ソフトマウントとハードマウント、バックグラウンドでのリトライ、シグナルの扱い方、ロッキング、ブロックサイズを指定するマウントオプションを利用することを含む。セキュアNFSを実現するために、TCPwrapperを設定する。
重要なファイル、用語、ユーティリティ
/etc/exports
exportfs
showmount
nfsstat
主題211: システムの保守
2.211.1 システムのログ
修正日: 2001年8月24日
保守担当: Dimitrios Bogiatzoules
重要度: 1

説明
syslogdを構成して、ネットワーク上で中心となるログサーバーとして動作させる。また、ログ出力を中心となるログサーバーに送信する、あるいはリモート接続をログに記録する、ようにsyslogdを設定する。また、log解析のためにgrepやその他のテキストユーティリティを使用する。
重要なファイル、用語、ユーティリティ
syslog.conf
/etc/hosts
sysklogd

2.211.2 ソフトウェアをパッケージ化する
修正日: 2001年8月24日
保守担当: Dimitrios Bogiatzoules
重要度: 1

説明
パッケージを構築する。ソフトウェアをRPMとDEBパッケージの両方に構築することを含む。
重要なファイル、用語、ユーティリティ
/debian/rules
SPECファイルの書式
rpm

2.211.3 バックアップ操作
修正日: 2001年8月24日
保守担当: Dimitrios Bogiatzoules
重要度: 2

説明
オフサイトのバックアップ保管計画を作成する。
主題213: システムのカスタマイズと自動化
2.213.1 スクリプトを使って作業を自動化する
修正日: 2001年8月24日
保守担当: Dimitrios Bogiatzoules
重要度: 3

説明
適切なモジュールを使用して簡単なPerlスクリプトを作成する、データの安全のためにPerlの汚染(taint)モードを使用する、CPANからPerlモジュールをインストールする。sedとawkのスクリプトを使用する。プロセスの実行をチェックして、プロセスが停止したときにEmailないしポケベルに警告を送信する。また、スクリプトを作成して自動実行をスケジュールし、ログを分析して管理者にEmailする。rsyncを使用してマシン間でファイルを同期する、ファイルの変更を監視して警告のEmailを生成する。特定のユーザーがログイン、ないしログアウトしたときに管理者に通知するスクリプトを作成する。
重要なファイル、用語、ユーティリティ
perl -MCPAN -e shell
bash, awk, sed
crontab
at
主題214 問題解決
2.214.2 回復ディスクを作成する
修正日: 2001年8月24日
保守担当: Dimitrios Bogiatzoules
重要度: 1

説明
システムの入り口となる標準的なブートディスクと、システムを修理するための回復ディスクの両方を作成する。
重要なファイル、用語、ユーティリティ
/etc/fstab
/etc/inittab
任意の一般的なエディタ
LDP Bootdisk-HOWTOの場所と内容に習熟していること
/usr/sbin/rdev
/bin/cat
/bin/mount (-o loopスイッチを含む)
/sbin/lilo
/bin/dd
/sbin/mke2fs
/usr/sbin/chroot

2.214.3 ブート段階を識別する
修正日: 2001年8月24日
保守担当: Dimitrios Bogiatzoules
重要度: 1

説明
起動時のテキストから、起動手順の4つの段階を識別し、それぞれを区別する。
重要なファイル、用語、ユーティリティ
ブートローダの開始とカーネルへの引き継ぎ
カーネルのロード
ハードウェアの初期化と設定
デーモンの初期化と設定

2.214.4 LILOの問題解決を行う
修正日: 2001年8月24日
保守担当: Dimitrios Bogiatzoules
重要度: 1

説明
エラーとなる段階と調整する手法を選択する。
重要なファイル、用語、ユーティリティ
/boot/boot.b
L、LI、LIL、LILOと010101エラーの意味に関する知識
LILOをインストールする位置、MBR、/dev/fd0、ならびにプライマリパーティションと拡張パーティションに関する知識
/boot/boot.###ファイル群の意味に関する知識

2.214.5 一般的な問題を解決する
修正日: 2001年8月24日
保守担当: Dimitrios Bogiatzoules
重要度: 1

説明
ブートローダの正体とカーネルの段階を明確に理解して、カーネルエラーを診断するカーネルブートメッセージを利用する。一般的なハードウェアに関わる問題を識別して修正する。また、問題がハードウェアのものか、ソフトウェアのものかを判断する。
重要なファイル、用語、ユーティリティ
/procファイルシステム
/var/log/にあるさまざまなシステムログとデーモンログ
/、 /boot ならびに /lib/modules
ブート時の画面表示
システムログにおけるカーネルのsyslogエントリ(利用できる場合)
システムカーネルと付属するモジュールの位置
dmesg
/sbin/lspci
/usr/bin/lsdev
/sbin/lsmod
/sbin/modprobe
/sbin/insmod
/bin/uname
strace
strings
ltrace
lsof

2.214.6 システムリソースの問題を解決する
修正日: 2001年8月24日
保守担当: Dimitrios Bogiatzoules
重要度: 1

説明
ローカルのシステム環境を識別し、診断し、修復する。
重要なファイル、用語、ユーティリティ
/etc/profile と /etc/profile.d/
/etc/init.d/
/etc/rc.*
/etc/sysctl.conf
/etc/bashrc、/etc/ld.so.conf (その他の一般的なシェル設定ファイル)
重要なシステム変数
任意の一般的なエディタ
/bin/ln
/bin/rm
/sbin/ldconfig
/sbin/sysctl

2.214.8 環境設定の問題を解決する
修正日: 2001年8月24日
保守担当: Dimitrios Bogiatzoules
重要度: 1

説明
ローカルシステムにおける一般的な問題点と、ユーザー環境設定における問題点を識別して、一般的な手法で修復を行う。
重要なファイル、用語、ユーティリティ
/etc/inittab
/etc/rc.local
/etc/rc.boot
/var/spool/cron/crontabs/
/etc/`shell_name`.conf
/etc/login.defs
/etc/syslog.conf
/etc/passwd
/etc/shadow
/etc/group
/etc/profile
/sbin/init
/usr/sbin/cron
/usr/bin/crontab

Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License